うみねこ日和〜のんびり道南海街暮らし〜

道南生まれ、道南育ちのうみが、道南海街で暮らす日々を綴ります。

【乙部町】晴れた日曜日、滝瀬海岸(シラフラ)とくぐり岩へ

晴れた休みの日に、息子とお出かけしました。
 
場所は乙部町の滝瀬海岸。
この日のお目当ては『シラフラ』です。
シラフラは、最近テレビや雑誌などのメディアでも取り上げられることが増えた、乙部町の景勝地です。
(最新6月号の北海道じゃらんにも大きく載っていました!)
 

『くぐり岩』と『軍艦岩』

【乙部町】晴れた日曜日、滝瀬海岸(シラフラ)とくぐり岩へ 
国道229号線からシラフラの看板を頼りに海岸に降りると、まず見えてきたのは『くぐり岩』でした。 
(海岸線のすぐ近くまで車で行くことができ、車が4台ほど停められる駐車場もあります)
 

『くぐり岩』はニシン漁の遺産

『くぐり岩』は自然にできた穴ではなく、約400年前の江戸時代慶長年間に、ニシンを運ぶ通り道を作るために人工的に開けられた穴とされています。 
この岩盤だけが波打ち際まで迫り出しているので邪魔だったんでしょうね。
 
【乙部町】晴れた日曜日、滝瀬海岸(シラフラ)とくぐり岩へ
 
身長105cmの息子と比較するとこのくらいの大きさです。
江戸時代の平均身長は男性でも155~156cmと言いますから、これくらいの高さがあれば十分だったのでしょう。
 

【乙部町】晴れた日曜日、滝瀬海岸(シラフラ)とくぐり岩へ

 
くぐり岩を裏側から。
この岩盤、長い年月をかけ波や風に侵食されてこの薄さになったんだと思いますが、どうしてこの岩盤だけこんな風に残っちゃったんだろう?と、不思議な気持ちになります。
 

不思議な奇岩『軍艦岩』

【乙部町】晴れた日曜日、滝瀬海岸(シラフラ)とくぐり岩へ

 

くぐり岩のそばにある『軍艦岩』と呼ばれる奇岩です。

これもどうしてこの形でここだけ残ったんでしょうね?

自然って本当に不思議!

 

【乙部町】晴れた日曜日、滝瀬海岸(シラフラ)とくぐり岩へ

 

『くぐり岩』と『軍艦岩』。

軍艦岩、横から見ると確かに軍艦のような形をしています。

 

【乙部町】晴れた日曜日、滝瀬海岸(シラフラ)とくぐり岩へ

 

少し歩くと、大きな岩がゴロゴロしているエリアに着きました。

剥き出しの地層と、自然そのままの崖の表情が面白いです。

 

【乙部町】晴れた日曜日、滝瀬海岸(シラフラ)とくぐり岩へ

 

転がっている大きな岩は崖から崩れ落ちたものでしょうか。

風化して角が取れ、白くなっています。

 

“東洋のセブン・シスターズ“

シーグラスや綺麗な石を探しながらしばらく歩くと、お目当ての『シラフラ』が見えてきました。

 

【乙部町】晴れた日曜日、滝瀬海岸(シラフラ)とくぐり岩へ

 

イギリスにあるセブン・シスターズになぞらえて、 “東洋のセブン・シスターズ”と呼ばれることもあるとか。

遊びながらなので辿り着くまでに1時間ほどかかりましたが、普通に歩けば10分くらいだと思います。

 

【乙部町】晴れた日曜日、滝瀬海岸(シラフラ)とくぐり岩へ

 

あんなに晴れていたのに、シラフラに到着する頃には曇ってしまいました。

晴れていたら白い断崖が青空に映えてもっと綺麗だったかな…

それでも、高いところで30メートルはあるという聳え立つ断崖は、近くで見るとかなりの迫力があります。

その白さも相まって、まるでここが日本ではないように感じます。

 

シラフラとは?

シラフラとはアイヌ語で“白い傾斜地”という意味で、その名の通り白い断崖が海岸線に沿って続いています。

地層には詳しくないので間違っていたら申し訳ないのですが、珪藻類や生き物の化石、貝殻などが堆積した地層で、海底にあったものが隆起してこの断崖となったそうです。

青い空とのコントラストが楽しめる晴れた日に見るのがオススメですが、夕日に照らされてオレンジ色に染まるシラフラも綺麗だと聞きましたので、今度は夕方ごろに行ってみようかなと思います。

 

フォトジェニックな滝瀬海岸

【乙部町】晴れた日曜日、滝瀬海岸(シラフラ)とくぐり岩へ

 
滝瀬海岸は遠浅になっているので、波のない穏やかな日は、青空や夕陽が海面に映ってとても綺麗です。
シラフラの他、くぐり岩や軍艦岩といった奇岩もあり、“映える”一枚が撮れると評判の海岸ですので、是非カメラ片手にいかがでしょうか(^_^)
 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
☝応援クリックお願いします!

 

滝瀬海岸(シラフラ) 情報 

滝瀬海岸 (シラフラ)
住所
〒043-0101 北海道爾志郡乙部町字滝瀬341