うみねこ日和〜のんびり道南海街暮らし〜

道南生まれ、道南育ちのうみが、道南海街で暮らす日々を綴ります。

【函館市】ノスタルジー漂う、入舟漁港、大正湯〜寺町を歩く

先日、函館市入舟町・船見町・弁天町のカフェをめぐりましたが、その合間に付近をぶらぶらと探索してみました。

時間がなかったのでささーっとですが、その時の記録です。

 

 

入舟漁港(函館漁港)

入舟漁港(函館漁港)とイカ釣り漁船

 

入舟漁港(函館漁港)

 

入舟漁港は函館で最も古い漁港です。

正式名称は函館漁港ですが、地元では入舟漁港と呼ばれています。

大きなイカ釣り漁船が何艘もあり、漁師の旦那は興味津々。

 

下の写真に見える防波堤は明治29年に着工した石積みのもので、かつての弁天台場(今の函館どつくがある場所)の石も使用されています。

何度も修復工事が為されていますが、今も現役ばりばりです。

防波堤の上に建つ灯台も古いものだと思いますが、一体いつ頃建てられたのかな。

少し調べたのですが、記述が見つかりませんでした。

 

道路沿いの名もなき蔵

 

おそらく今はもう使われていない蔵なんでしょうけれど、函館にはこういった名もない蔵や古民家がゴロゴロあるのが面白いです。

 

ピンク色が可愛い、大正湯

大正湯の外観

 

大正湯は、大正3年創業、100年を超える老舗の銭湯です。

今の建物は昭和3年に建てられたものですが、脱衣所は当時のまま。

入ればその面影を楽しむことができるのでしょうけれど、その時間はありませんでした(^^;)

昔ながらの、男湯も女湯も番頭さんに丸見えスタイルと聞きました。

 

コインランドリーになっている別棟は元々は床屋だった建物だそうです。

昔はお風呂ついでに髪を切る人が多かったのかな。


蕎麦蔵

 

『大正湯』の向かいにあるのは、ここもいつか食べてみたいなぁと思っている『蕎麦蔵』さん。

ミシュランにも掲載されたそうなので、美味しいに違いないです。

 

鯨族供養塔

鯨族供養塔

 

捕鯨船の元船長が、捕獲した鯨の供養のためにと個人で建てた供養塔です。

年に一度、供養祭も執り行われています。

 

函館と捕鯨の歴史は古く、幕末に締結された日米和親条約アメリ捕鯨船の寄港地確保が目的でした。

その後も函館ではジョン万次郎が捕鯨の指導に当たったり、ドイツ船から捕鯨技術を学んだりした記録が残っています。

今でも年10頭のツチクジラ捕鯨が続けられているそうで、某団体からクレーム来ないのかなーと少し心配になりました(苦笑)

 

ツチクジラが食べられるのかはわかりませんが、道南では割と鯨肉を食べます。

温かい素麺は鯨で出汁を取りますし、めでたい日は「鯨汁」という汁物が定番です。

鯨ベーコンもよく食卓にのぼります。

 

寺町~実行寺、称名寺

寺町~実行寺、称名寺

寺町~実行寺、称名寺

 

函館は元町の教会群が有名ですが、船見町の寺町もなかなか面白いです。

時間がなくささっと駆け足になってしまった上に回りきれず、コロナ禍の影響で御朱印を受付ていないお寺がほとんどだったので、また今度リベンジで訪れてみようかなと思っています。

 

幸坂を上から

幸坂を上から

 

海までどーんと抜ける風景が気持ちいいですね。

坂の上には山上大神宮が、坂の途中には旧ロシア領事館があります。

 

函館山から延びる坂の風景は、函館らしい絶景の一つ。

“ポッキー坂”とも呼ばれる八幡坂が有名ですが、18本の坂それぞれに歴史があり、違った風景があるのもまたひとつの魅力です。

 

ちなみに、18本の坂の名前は、

魚見坂、船見坂、千歳坂、幸坂、姿見坂、常盤坂、弥生坂、東坂、基坂、日和坂、八幡坂、大三坂、二十間坂、南部坂、谷地坂、あさり坂、護国神社坂、青柳坂

です。

幸坂の名前は、坂の麓に作られた幸町という町名から付けられました。

 

 

☟函館入舟町~弁天町カフェの記事はこちら
 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 道南情報へ
☝応援クリックお願いします!