うみねこ日和〜のんびり道南海街暮らし〜

道南生まれ、道南育ちのうみが、道南海街で暮らす日々を綴ります。

【七飯町】岡崎おうはんの平飼い有精卵「ななエッグ」でTKG!

先日の皆既月食、皆さん見られましたか?

 

私は息子と一緒に家の窓から見ていました。

あいにくの曇り空でしたが、なんとか雲の隙間に浮かぶ欠けた赤い月を見ることができました。

 

さて、本日、上ノ国町に和洋菓子&パンのお店がオープンします!

 

お店の名前は『お菓子とパンの店 工房kudo』さん。

場所は上ノ国小学校のすぐ近くです。

 

 

店主の工藤夫妻は、以前は上ノ国の道の駅「もんじゅ」内で「菓処あまのがわ」として和洋菓子を販売されていました。

会社帰りに寄ってみたいと思います♬

工房kudo@夫婦二人三脚 (@ko_bo_kudo_1020) | Twitter

 

 

 

大人気の卵、ななエッグを購入!

先日、近くのスーパーで『ななエッグ』を購入しました。 

 

f:id:uminekobiyori:20210522145245j:image

 

養鶏場で働いている方のTwitterをフォローさせて頂いていることもあり、前々から気になっていた卵なのです。

 

 

有名な卵なので、道南ではご存知の方も多いですよね。

 

ななエッグとは?

ななエッグ』は、純国産地鶏である「岡崎おうはん」という品種の鶏から生まれた卵です。

七飯町にある養鶏場で、ストレスフリーな平飼いで飼育されています。

 

飼育環境だけでなく餌にもこだわられていて、ミネラルが豊富な八雲産の貝化石飼料や、近隣農家から仕入れた野菜、横津岳の湧き水などを与えているそうです。

 

TwitterInstagramでは鶏たちの写真が投稿されているのですが、黒いひよこがとっても可愛いんです♡

スタッフの皆さんに大切に育てられているのがわかります。

 

個性豊かな卵たち

f:id:uminekobiyori:20210522145242j:image

 

6個入りで400円ほどでした。

(写真は1個使っちゃった後に撮影しました( ̄▽ ̄;))

 

殻の色も大きさもバラバラで、個性豊かな卵だなぁと感じました。

きっと、卵を産む鶏たちが個性豊かであるが故の個体差なんでしょうね。

 

早速、TKGで実食!

f:id:uminekobiyori:20210522170056j:image

 

早速、卵かけごはんで頂きました!

ななエッグの特徴は、黄身の大きさなんだそうです(通常の黄身より16〜18%大きいそうです)。

写真だとわかりにくいですね…

 

黄身と白身の優しい旨味とコク!

弾力がすごく、特に白身がぷりっぷりしています。

鶏たちがいかに健康か、卵を見ただけでわかるなぁ、なんて、素人目線ですが思ってしまいました。

 

卵特有の臭みがないので生でも食べやすく、まさにTKGのためにあるような卵。

美味しいTKGを食べていると、「日本人に生まれて良かったなぁ」と心から思いますね。

 

ななエッグはどこで買える?

鹿部町道の駅の他、道南のスーパーなどで購入できますが、ネットでもお取り寄せできます。

 

☟ご購入はこちらから

 

 

どちらも生産者から直接お取り寄せができるサイトです。

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

読んだよ!の代わりにポチっとして頂けると嬉しいです♬