うみねこ日和〜のんびり道南海街暮らし〜

道南生まれ、道南育ちのうみが、道南海街で暮らす日々を綴ります。

【八雲町】くら屋菓子舗|ロスの心を埋める、季節の上生菓子

私たちはどうかしている』が最終回を迎えて10日が経ちました。

 

最終回を見終わってからはどうにもやる気が出なく、なんとなく寂しく、暇な時には録画を見返したりして…

「これがロスか!」と実感するほどにハマったドラマでした。

今までにも好きなドラマはありましたが、こんなにもロスに陥ったのは初めてかもしれません(^_^;)

 

☟Huluで全話配信中です!

 

 

ドラマが終わっても、相変わらず和菓子は食べています。

ドラマがきっかけとは言え、この歳になって初めて気付いた和菓子、特に上生菓子の奥深さ、美しさ。

そして美味しさ。

もう、すっかり虜です♡

 

八雲町の御菓子屋さんへ

f:id:uminekobiyori:20201009031054j:image

 

前回記事の続きになりますが、『ハーベスター八雲』でランチを頂いた後、同じく八雲町の『くら屋菓子舗』へ伺いました。

ここで、家族と私へのお土産に、どら焼と上生菓子を購入しました♬

 

f:id:uminekobiyori:20201009030954j:image

 

どら焼には色々と種類があり、プレーンなものから季節限定の安納芋、はちみつレモンなどの変わり種までありました。

甘さ控えめのしっとりとした生地で美味しいどら焼でした(*^^*)

 

季節の上生菓子

f:id:uminekobiyori:20201009031007j:image

 

季節の上生菓子は、柿と牡丹…だったかな。

でも牡丹は春〜初夏の上生菓子なので違うかもしれません。

寒牡丹は冬ですしね。

 

柿のヘタの本物らしさに感動˚✧₊⁎

上生菓子は一つ一つの世界観に魅入ってしまいます。

美味しい上生菓子を頂いて、ロス中の渇いた心も少し潤いました…(;∀;)

 

洋菓子も扱っています!

くら屋菓子舗』さんでは和洋菓子を扱っていて、和菓子の他にもケーキやクロワッサン(曜日限定の人気商品らしいです!)などもあります。

厚沢部町の『くらや』さんでも販売されている『くずバー』も置いてありましたが、同じ“くらや”ですし何か関係があるのかも?

 

umineko-biyori.com

 

八雲へ出掛けた際にはまた立ち寄りたいと思います♬

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
☝応援クリックお願いします!

 

くら屋菓子舗 店舗情報 

くら屋菓子舗
住所
〒049-3105 北海道二海郡二海郡八雲町東雲町64-1
時間
[月~土]9:30~18:30[日]9:00~17:00
電話
0137-62-3231
休み
火曜日
HP