うみねこ日和〜のんびり道南海街暮らし〜

道南生まれ、道南育ちのうみが、道南海街で暮らす日々を綴ります。

【江差町】五勝手屋本舗|ドライいちじく×羊羹の和菓子『回/Re-Fruit』

先日、生まれて初めて江差町の『五勝手屋本舗』を訪れたと記事にしましたが、その時に気になった商品がいくつかあったので再訪しました。

 

 

いちじく×羊羹『回/Re-Fruit』

f:id:uminekobiyori:20201123231224j:image

 

今回購入したのは『仁羊羹(写真左)』と『回/Re-Fruit(写真右)』です。

どちらも品の良いオシャレなパッケージで、手土産にしたら喜ばれそう♫

 

今回は『回/Re-Fruit』の方を記事にしたいと思います。

『仁羊羹』の方はまだ食べていないので、食べたらまた後日にでも記事にしたいと思います!

 

☟仁羊羹を記事にしました

 

 

f:id:uminekobiyori:20201123231233j:image

 

回/Re-Fruit』の3個入りを購入しましたが、1個からでも買えますし、5個入りと10個入りもあるようです。

 

回/Re-Fruitという名前について

f:id:uminekobiyori:20201123135008j:image

 

f:id:uminekobiyori:20201123232451j:image

 

回/Re-Fruit』はドライいちじくの中に羊羹を詰めた和菓子です。

 

『Re-』には『再び』という意味があります。

甘みが強いトルコ産のいちじくを丁寧にドライ化し、水分が抜けて平たくなったドライいちじくの中に羊羹を詰め、再びいちじくを形作る。

まさに『再び果物に』なった和菓子です。

 

なんてオシャレなネーミング。

こんなオシャレな和菓子が江差町にあったなんて。

 

いちじくと羊羹の相性は…

f:id:uminekobiyori:20201123135030j:image

 

中はこんな感じで羊羹がぎっしり。

餡子じゃなくて、五勝手屋自慢の羊羹なのがミソですね。

金時豆が使われているのでとてもあっさりしています。

 

いちじくの少しの酸味と、強い甘み、香り、種のつぶつぶ、羊羹と一体になったねっとりとした皮の食感…

いちじく自体にクセがありますから正直好き嫌いは分かれそうですが(道民は食べ慣れていませんしね)、私はこのドライいちじく×羊羹の新しい味に感動しました。

 

手土産にもピッタリ!

パッケージもオシャレですし、これを手土産にしたらとっても喜ばれそうです。

私はもらったら絶対に嬉しい!

丸缶羊かんも美味しいですが、たまにはこんな変わり種もいいですね♡

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ
☝応援クリックお願いします!

 

 

五勝手屋本舗 店舗情報 

五勝手屋本舗
住所
〒043-0043 北海道檜山郡江差町本町38
時間
8:00~19:30
電話
0139-52-0022
休み
無休
HP