うみねこ日和〜のんびり道南海街暮らし〜

道南生まれ、道南育ちのうみが、道南海街で暮らす日々を綴ります。

【函館市】新しいご当地グルメ!噂の函館ブリたれカツのバーガーが美味しい♬

国道229号線の通行止めは未だ復旧の目処が立っていませんが、どうやら1ヶ月やそこらで解除されるものでは無さそうな雰囲気です…

 

迂回路を通るのは時間もかかりますし面倒なのですが、その迂回路というのが非常に清々しい道で、走っていてなかなか気持ちが良いんです。

遠くに見える乙部岳や白樺並木、防風林と丘の風景、田圃や畑。

今の季節は緑も鮮やかですし、晴れた日は窓全開で藤井風の『きらり』を流しながらドライブ気分で出勤しています(о´∀`о)

 

海辺で生まれて海辺で育った人間には、同じ乙部町でも海から離れた奥の方は未知の世界。

通行止めが解除されるまで、しばらくは緑の迂回路を楽しもうと思います!

 

 

 

函館の新しい味!函館ブリたれカツ

先週末、とあるキッチンカーが江差町ブンテン(スーパーです)前にいるとSNSで知り、早速行ってきました♬

 

f:id:uminekobiyori:20210609235226j:image

 

函館ブリたれカツバーガー』のキッチンカーです!

 

函館ブリたれカツとは?

 

函館ブリたれカツ』は、函館近海での漁獲量が急増しているブリの美味しさを広めるため、2020年に誕生した新しいご当地グルメです。

 

イカが獲れなくなった代わりに獲れ始めたブリ。

2018年には、函館は全国第三位の漁獲高だったそうです。

 

でも、正直、北海道民にとってブリはあまり身近な魚ではありません。

ハマチは刺身や寿司ネタで食べますが、ブリとなると…ね……私もブリしゃぶくらいでしか食べません。

 

そんなブリをもっと身近に食べてもらうため、開発された『函館ブリたれカツ』。

現在、函館市内の計7店舗の飲食店で、お店独自の『函館ブリたれカツ』が味わえます。

 

函館ブリたれカツのルール

 『函館ブリたれカツ』には5つのルールがあり、

 

  1. 道南産のブリを使用するべし
  2. 下処理が重要!ブリを牛乳かホエイ(乳清)に15分ほど漬け込んだ後、昆布エキスを塗り込むべし。牛乳と昆布はなるべく道南産を使うべし
  3. たれは各店の工夫を凝らしたブリリアントな”オリジナルたれ”を開発すべし
  4. 衣はパン粉や米粉など「たれ」にあう揚げ方を模索すべし
  5. ブリに敬意を表して調理するべし

 

とされています。

タレも味噌ダレだったりタルタルソースだったり、はたまたカツ丼になっていたりと、各お店で違ったブリたれカツを楽しめるのは楽しいですね♬

 

BTKBを実食!

キッチンカーにて販売されているのは、『函館ブリたれカツバーガー』略して『BTKB』です!

 

f:id:uminekobiyori:20210609235507j:image

 

  • 通常ソース
  • タルタルソース
  • 鬼おろしソース

 

の3種類があります。

とりあえず、一つずつ購入してみました!

 

f:id:uminekobiyori:20210609235536j:image

 

ショッパーがシンプルでいい♬

ロシア語みたいなロゴもかわいいです♡

 

f:id:uminekobiyori:20210609235646j:image

 

バーガーのバンズにもロゴの焼き印。

下のバンズが少し欠けているのは息子に食べられたからです…

 

私はタルタルを食べましたが、ピクルス強めのさっぱりとしたソースでした。

バンズも美味しい♬

 

具はブリたれカツの他、紅生姜や牛蒡など。

これがまた合うんですよー!

ブリの臭みはほとんど無く、ブリ独特の味をソースと具がうまーく調和しながら引き立てています。

 


↑キッチンカーの出店情報が掲載されています。

秋頃まで道南各地を回るそうなので、見かけたら是非!

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 北海道食べ歩きへ

読んだよ!の代わりにポチっとして頂けると嬉しいです♬